さいとう内科クリニック[内科・アレルギー科・泌尿器科・在宅医療]
[院長]齊藤純さいとうじゅん
  • ホーム
  • 医師・クリニック紹介
  • 診療のご案内
    • 内科
    • アレルギー科
    • 泌尿器科
    • 予防接種
    • 検診
    • 自費治療
    • オンライン診察
  • 現在の診察状況
  • 診察ご予約
  • ご予約
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ

  • スーパーコノミヤ高槻西冠店北向い
  • 共用駐車場15台有り
 
詳細地図のページへ

ブログ

2017.1.1

インフルエンザとその診断

インフルエンザ

インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染で、感染者の咳やくしゃみに含まれるインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染します。インフルエンザに感染すると、約1~3日の潜伏期間の後に、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの続きを読む

2016.10.16

帯状疱疹の予防

10974329_590478004421934_8878496838123464507_o

帯状疱疹は水痘(水ぼうそう)と同じ、水痘・帯状疱疹ウイルス(varicella-zoster virus:VZV)によって起こる疾患です。子どもの頃に初めてこのウイルスに感染した時は水ぼうそうとして発症しますが、治った後もウイルスは体の中に続きを読む

2016.8.17

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)

肺

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS:AminoIndex Cancer Screening)とは、血液中のアミノ酸濃度バランスを解析することによって、現在がんである可能性を評価する検査です。検査の対象となるのは、胃がん、肺続きを読む

2016.7.25

LOX-index【ロックスインデックス】

aterome09

動脈硬化が進行すると血管の内側にプラークが形成されますが、プラークが破裂すると血液が固まって血管を詰まらせてしまい、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。動脈硬化の進展には脂質異常症が関連していますが、正常なLDL(悪玉)コレステロールは動脈硬続きを読む

2016.5.22

原発性腋窩多汗症に対するボツリヌス療法

10974329_590478004421934_8878496838123464507_o

多汗症とは日常生活に支障をきたすほどの汗が出る状態で、手のひらや足の裏、ワキの下、額など、汗腺が密集している部位に症状が出やすいといわれています。発汗は緊張やストレスなどの精神的な刺激(精神性発汗)と気候や運動による温熱刺激(温熱性発汗)に続きを読む

2016.2.28

エクオールの効果

大豆

「エクオール」とは大豆イソフラボンの一つであるダイゼインが腸内細菌により代謝されることで作られる物質で、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしています。エクオールの産生能には個人差があり、産生できる人とできない人が存在します。エクオー続きを読む

2016.1.19

狂犬病ワクチン

小児注射

狂犬病は代表的なウイルス性人獣共通感染症の一つであり、狂犬病に罹患したイヌ、キツネ、コウモリなどに咬まれることにより感染します。一度発病した狂犬病に対する有効な治療法は確立されておらず、発病するとほぼ100%死亡すること、潜伏期間が1~3ヶ続きを読む

2015.11.30

「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」

大脳

MCI(Mild Congnitive Impairment)とは軽度認知障害のことで健常者と認知症の中間的な状態です。記憶障害などを認めるものの日常生活には支障がありませんが、放置すると約5年で半数以上の方が認知症へ進行すると言われていま続きを読む

2015.10.26

ラエンネックとメルスモン

プラセンタ

  プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きをしています。プラセンタには、タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなどのさまざまな栄養素が含まれており、ヒト胎盤からこれらの生理活性成分を抽出し続きを読む

2015.9.6

胃がんリスク検診(ABC検診)

胃

胃がんリスク検診(ABC検診)とは血液検査で胃がんのリスクを調べるもので、ヘリコバクター・ピロリ抗体検査と胃炎の有無を見るペプシノゲン検査を組み合わせて評価します。ヘリコバクター・ピロリ抗体検査ではピロリ菌に感染しているかどうかが分かります続きを読む

 

ページのトップへ戻る