さいとう内科クリニック[内科・アレルギー科・泌尿器科・在宅医療]
[院長]齊藤純さいとうじゅん
info_main
  • ホーム
  • 医師・クリニック紹介
  • 診療のご案内
    • 内科
    • アレルギー科
    • 泌尿器科
    • 予防接種
    • 検診
    • 自費治療
    • オンライン診察
  • 現在の診察状況
  • 診察ご予約
  • ご予約
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ

  • スーパーコノミヤ高槻西冠店北向い
  • 共用駐車場15台有り
 
詳細地図のページへ
自由診療

MCIスクリーニング検査/APOE遺伝子検査 プラセンタ療法 エクオール

アスタキサンチン ED(勃起不全) AGA(男性型脱毛症)

緊急避妊薬(アフターピル) LOX-index(ロックスインデックス) アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)

MCIスクリーニング検査/APOE遺伝子検査

MCI(Mild Congnitive Impairment)とは軽度認知障害のことで健常者と認知症の中間的な状態です。記憶障害などを認めるものの日常生活には支障がありませんが、放置すると約5年で半数以上の方が認知症へ進行すると言われています。
「MCIスクリーニング検査」は、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβ蛋白が脳内に蓄積しないようにしたり、その毒性を弱める働きをするアポリポタンパク質(ApoA1)、補体タンパク質(C3)、トランスサイレチン(TTR)の血液中の量を調べることにより軽度認知障害(MCI)のリスクを評価する検査です。検査は採血のみで、A~Dの4段階でMCIのリスクを判定します。50歳以上の方、認知症への不安がある方、以前と様子が違うことにご家族が気付かれた場合などにお勧めの検査です。
また、アルツハイマー病の発症に関与する遺伝子のひとつにAPOE遺伝子があります。「APOE遺伝子検査」は、血液検査でAPOE遺伝子の型を調べることにより認知症を発症するリスクを測定する検査です。APOE遺伝子にはε2、ε3、ε4の3つの遺伝子型があり、ε4型を持つ方はアルツハイマー病を発症するリスクが高いことが分かっています

 

検査項目 検査費用(税込)
MCIスクリーニング検査 21,000円
APOE遺伝子検査 17,000円

※検査結果が判明するのに2~3週間程度かかります。

プラセンタ療法

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きをしています。プラセンタには、タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなどのさまざまな栄養素が含まれており、ヒト胎盤からこれらの生理活性成分を抽出した注射薬が「ラエンネック」と「メルスモン」です。ラエンネックは慢性肝疾患における肝機能の改善、メルスモンは更年期障害や乳汁分泌不全の改善を目的に使用するお薬ですが、この他にもプラセンタには、美白・美肌効果、抗アレルギー作用、月経不順の改善、自律神経調整作用、肩こりの改善や疲労回復など、さまざまな効果があると言われています。ラエンネックとメルスモンは皮下注射や筋肉内注射により投与しますが、プラセンタエキス純末を配合したプラセンタドリンクである「BON PLACENTA(ボンプラセンタ)」を服用していただくこともできます。プラセンタ療法をご希望の方は、診察時間内にお越しください

 

【プラセンタ注射】

診察料:3,000円(初回のみ)

販売名 販売元 価格(税込)
メルスモン
(皮下注射)
メルスモン製薬 1アンプル 1,500円
ラエンネック
(皮下注射・筋肉内注射)
日本生物製剤 1アンプル 1,500円
2アンプル 2,500円

 

【プラセンタドリンク】

販売名 販売元 価格(税込)
BON PLACENTA
ボンプラセンタ
クラシエ 10ml×30本
(30日分)
13,000円

エクオール

エクオールとは大豆イソフラボンの一つであるダイゼインが腸内細菌により代謝されることで作られる物質で、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしています。エクオールはエストロゲンによく似た働きをするため、更年期症状の軽減、骨粗鬆症の予防や改善、皮膚や血管の健康維持などの効果があるとされています。また、過剰なエストロゲンを抑えることにより乳がんのリスクを下げたり、過剰な男性ホルモンの作用を抑えることにより、前立腺がんや毛髪の脱毛現象に対してよい働きをすることも期待されています。エクオール含有食品である「エクエル(EQUELLE)」を服用していただくことでエクオールを手軽に摂取することができます。

 

販売名 販売元 価格(税込)
エクエル
EQUELLE
大塚製薬 内容量112粒
(1日4粒目安/約28日分)
4,000円

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは、エビ、カニ、サケ、タイなどに蓄えられている赤色の天然色素で、トマトに含まれるリコペンやニンジンに含まれるβ-カロテンと同じカロテノイドの一種です。カロテノイドは活性酸素を打ち消す抗酸化作用をもつことが知られていますが、アスタキサンチンは特に優れた抗酸化力により、紫外線やストレスなどから体を守る働きをしています。アスタキサンチンはヘマトコッカス藻という藻類によって作られ、食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれています。動物はカロテノイドを自ら作り出すことができないため、食物などから摂取する必要があります。

 

販売名 販売元 価格(税込)
アスタリズム
(スキンケアベース美容液)
アスタリール 容量30ml
(約1ヶ月分)
4,500円
アスタリールACT
(栄養補助食品)
アスタリール 内容量60粒
(1日2粒目安/約30日分)
6,000円

ED(勃起不全)

EDとは、「勃起機能の低下」を意味する英語のErectile Dysfunctionの頭文字をとったものです。現在、日本でEDの症状がある男性は約1,130万人と推測されていますが、受診への抵抗感などから受診率がきわめて低いのが現状です。

EDは動脈硬化による血流障害が原因となるため、糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病や、メタボリックシンドロームなどと深く関連しています。
また、精神的ストレスや降圧剤や抗うつ薬などの副作用によっても起こることもあります。
当院ではEDの診療も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

初診料:3,000円

再診料:1,000円

処方せん料:500円(院外処方の場合)

院内処方の場合のお薬の価格は下記の通りです。

 

販売名 販売元 価格(税込)
バイアグラ錠25mg ファイザー 1,300円
バイアグラ錠50mg ファイザー 1,500円
シアリス錠10mg 日本新薬 1,600円
シアリス錠20mg 日本新薬 1,800円
レビトラ錠10mg バイエル薬品 1,300円
レビトラ錠20mg バイエル薬品 1,600円
シルデナフィル錠50mgVI「YD」

(バイアグラ錠50mgの後発品)

陽進堂 800円

※在庫が無い場合は取り寄せるのに1~2日程度お時間をいただく場合があります。

AGA(男性型脱毛症)

agaAGAとは、「男性型脱毛症」のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がうすくなっていく状態です。
何もしないでいると徐々に進行していくのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。AGAの治療薬であるプロペシアは、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を阻害することで抜け毛を減らし、AGAの進行を抑えます。

 

初診料:3,000円

再診料:1,000円

処方せん料:500円(院外処方の場合)

院内処方の場合のお薬の価格は下記の通りです。

 

販売名 販売元 価格(税込)
プロペシア錠1mg(28錠) MSD 7,500円
プロペシア錠1mg(90錠ボトル) MSD 23,000円
プロペシア錠1mg(140錠) MSD 35,000円
フィナステリド錠1mg「ファイザー」(28錠) ファイザー 6,000円
フィナステリド錠1mg「ファイザー」(90錠ボトル) ファイザー 18,000円
フィナステリド錠1mg「ファイザー」(140錠) ファイザー 27,000円
ザガーロカプセル0.5mg(30カプセル) グラクソ・スミスクライン 10,000円

※フィナステリド錠1mg「ファイザー」はプロペシア錠1mgの後発品です。
※在庫が無い場合は取り寄せるのに1~2日程度お時間をいただく場合があります。

緊急避妊薬(アフターピル)

緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗した、あるいは避妊をしなかった性交後に緊急的に用いる避妊薬で、排卵を抑制する、排卵を遅らせることにより受精を妨げる、精子が子宮内に進入するのを阻止するなどの作用があると考えられています。
性交後72時間以内に1錠を服用しますが、完全に妊娠が回避できるものではなく、緊急避妊薬を服用しても数%に妊娠が起こることがあります。
副作用としては、一時的に不正出血、頭痛、吐き気、倦怠感、眠気などの症状がみられることがあり、服用後2時間以内に嘔吐した場合は追加服用が必要です。
緊急避妊薬の処方をご希望の方は、診察時間内にお越しください。

 

診察料:無料

処方せん料:500円(院外処方の場合)

院内処方の場合のお薬の価格は下記の通りです。

 

販売名 販売元 価格(税込)
ノルレボ錠1.5mg あすか製薬 13,000円

LOX-index(ロックスインデックス)

活性酸素などによりLDL(悪玉)コレステロールが酸化されると、酸化変性LDLコレステロール(LAB:LOX-1 ligand containing Apo B)となり、超悪玉コレステロールと呼ばれます。
この超悪玉コレステロールが血管の内側に存在するLOX-1という受容体と結合すると炎症が起こり、動脈硬化の原因となります。
LOX-indexは、血液中の酸化変性LDLコレステロール(LAB)とその受容体であるLOX-1をそれぞれ測定し掛け合わせたもので、脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを示すものです。
LOX-indexの値が高いと将来の脳梗塞発症率は約3倍、心筋梗塞発症率は約2倍になることが分かっています。
LOX-indexを測定することにより、脂質異常症とそれに伴う動脈硬化病変を発症前に発見し、生活習慣の改善などにより脳梗塞や心筋梗塞の発症を予防することが可能となります。

 

検査項目 検査費用(税込)
LOX-index(ロックスインデックス) 12,000円

※検査結果が判明するのに2~3週間程度かかります。

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS:AminoIndex Cancer Screening)とは、血液中のアミノ酸濃度バランスを解析することによって、現在がんである可能性を評価する検査です。
検査の対象となるのは、胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)で、男性5種類、女性6種類のがんを同時に検査することができます。
それぞれのがんについて、現在がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で示しますが、数値が高いほど、がんである確率が高くなります。

 

検査項目 検査費用(税込)
アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS) 23,000円

※検査結果が判明するのに2週間程度かかります。

ページのトップへ戻る